オーダー方法を把握してニーズに合わせたA4紙袋を注文しよう

A4紙袋のオーダー方法~セミオーダーとフルオーダーを比較!~

フルオーダーとセミオーダーの違い

フルオーダーとは?

フルオーダーとは紙の材質や大きさ、デザインに制作など1から全て作ってもらう事をフルオーダーと言います。自分の好みの大きさやデザインの紙袋に仕上がることができます。

セミオーダーとは?

セミオーダーとは半分という意味があり、フルオーダーのような1から全て作ってもらうのではなくある程度決められた形の中から自分に合ったものを選んで作っていくのがセミオーダーです。

紙袋の持つ宣伝効果とは

会社名やその会社のイメージキャラクターなどを掲載された紙袋を作ることで、その会社を大々的に宣伝することが出来ます。看板とは違い不特定多数の方がその紙袋を持つことでより多くの人に会社を宣伝する事が可能です。

オーダー方法を把握してニーズに合わせたA4紙袋を注文しよう

女性

紙袋のオーダー方法をチェック!

まずはオリジナル紙袋を制作してくれる業者を選びます。業者を決めたら見積もりをし契約したのちに打ち合わせでデザインや大きさ、紙の材質など細かな事を決めていきます、場合によっては実際に製作スタッフが企業へ足を運び、見学することでデザインのイメージを沸きやすくします。その後デザインなどを決めたのち発注元に出来上がったA4サイズなどでのサンプルを提出。提案が通ればその紙袋を指定された枚数作り上げ発注者側に納品して終了です。

紙袋が完成するまでの流れ

デザインや大きさ、紙の材質や色など細かな事が決まった紙袋は、発注者側の入金が確認され次第指定された製造工場で迅速に製造を開始します。製造方法はセミオーダーからフルオーダーまで対応し、出来上がりの期間は発注枚数にもよりますが、セミオーダーなら約10日、フルオーダーなら20日から25日ほど完成までに時間がかかります。製造に入った場合、キャンセル対応は難しいのでデザイン変更がある場合は製造前までに決めましょう。

紙袋の制作費用を抑えるコツ

デザインや柄などこだわればこだわる程紙袋の金額は高くなってしまいます。あまり費用をかけずに紙袋を作りたいという人に、製作費を抑えるコツがあります。まずは手持ちの部分を紙単丸紐にするかPP紐にするだけでも費用は抑えられます。次に使用する色を抑えることです。色が多ければ多いほど高くなってしまいます。色身を抑えたシンプルなデザイン程、安く仕上がるのでお勧めです。作った袋の在庫をそのままにすると劣化して袋がもろくなってしまうので、在庫をあまり作らない枚数で発注しましょう。

広告募集中