看板製作費用の相場や設置までの流れを確認しましょう

看板製作を依頼する上で費用の目安を知っておくことが大事になる

看板とインターネット広告の違いとは?

ターゲットを絞った宣伝

看板広告は通行人やドライバーが屋外で目にする広告の1つです。インターネットでは載っていない情報も書かれていたり、ターゲット層を絞った効果的な宣伝活動をすることができます。

不特定多数に向けた宣伝

インターネット広告はパソコンやスマホなど複数の人に見てもらえ、主にバナー広告やテキスト広告とされています。広告を経由してその商品を購入することが出来るので、宣伝効果が高いです。

看板製作費用の相場や設置までの流れを確認しましょう

看板

看板制作費用の目安

看板制作に関する費用は大きさだけではなく、使用する材質やデザインの質に証明の有無や設置場所によって金額は異なります。例えば60cm×180cmの看板の場合、木材など安い素材やシンプルなデザインの物の場合、1万円から10万円以下で制作する事は可能です。自立式の場合は工事費込みで5万円前後、もし設置するうえで交通費や雑費など細かなものを加算しますと、およそ10万円かかります。大きさが大きくなればなるほど金額は上がります。

デザインを決める際のポイント

看板のデザインを決めるうえで3つのポイントがあります。それは遠くからでも目立つ事・誰からもわかり易い・コンセプトに合っているかの3つです。お客様に来てもらうお店にするのは、目を引くような看板作りが重要です。ですが派手でごちゃごちゃしていると何を訴えたいのか分からない看板になってしまいます。ワンポイントで赤や黄色など刺激的な色を使用したり、白い背景にシンプルなロゴが遠くから見てもわかり易いでしょう。

依頼から看板が完成するまでの流れ

まずは業者を見つけます。

まずは看板を作成している会社へ連絡をします。電話やメールで申し込み、納期やコスト面などの詳細な事を相談します。データ作成やデータ入稿の有無も聞くといいでしょう。

現地調査を行います。

看板を取り付ける場所を確認し、測量や実際に看板が取り付けられるか確認をします。この時にどういうイメージの看板を設置するか、発注者側ときちんと打ち合わせを行います。

デザインを決めます。

現地調査や打ち合わせを元にデザインを決めていきます。デザインが決まった場合、サンプルを発注者側に送り確認してもらいます。訂正がある場合は訂正をして、問題がなければ看板を仕上げていきます。

看板を設置します。

クライアントと施工日の打ち合わせを終えたら、完成した看板を希望する場所へ設置します。取り付けをして電飾を行い、落下などの危険がないことを確認されれば納品が終了となります。

広告募集中